MIURA BLOG

  • sp_tel.jpg
  • WEB予約はこちら

2019.01.21更新

昨日、大阪でFDMレベル1セミナーがありました。

今回も講義の一部を担当させてもらいホッとしているところです。

FDMとは当院で主に行われている手技療法です。

あの例の痛くてめっちゃ効く治療です。

今回はその入門セミナーです。

今回で講師をするのは2回目だと思います。本当にこんな機会を与えて頂いて光栄です。

今回は全く新しい参加者が20名以上も来られて大盛況でした。

おそらくテキストなんかも加えると十数万するようです。

だからみんな真剣です。でも、実際に高い効果のある治療の講習なので実はかなり安いのかもしれません。

実は講師をすると自分が勉強になるんですね。下手なこと言うと僕が一番怖い田中先生(FDM国際連合代表)が一番後ろの席で聴いているのでそれはまあまあのプレッシャーになります。

自分の担当の講義を終えて、岩田会長に「だいぶ流暢に抗議できてましたよ」とお褒めの言葉ももらえて良かったです。

あと、僕以外に島津先生も講義されました。島津先生は僕と同じく2004年の参加者で数少ない生き残りです。実はFDMというのは理論は完成していますが、それを実践で治療するにはかなりの苦労も多いのです。だからなかなかやり切る先生が少ないんです。

この島津先生の講義が素晴らしかったです。great!

FDM概念の大切さを情熱的に語る姿はマジでカッコいいとおもいましたね。この先生も凄いですからね。

2020年の大阪のFDM世界大会も楽しみになってきた感じです。

 

 

 

投稿者: 三浦整骨院

2019.01.21更新

昨日、大阪でFDMレベル1セミナーがありました。

今回も講義の一部を担当させてもらいホッとしているところです。

FDMとは当院で主に行われている手技療法です。

あの例の痛くてめっちゃ効く治療です。

今回はその入門セミナーです。

今回で講師をするのは2回目だと思います。本当にこんな機会を与えて頂いて光栄です。

今回は全く新しい参加者が20名以上も来られて大盛況でした。

おそらくテキストなんかも加えると十数万するようです。

だからみんな真剣です。でも、実際に高い効果のある治療の講習なので実はかなり安いのかもしれません。

実は講師をすると自分が勉強になるんですね。下手なこと言うと僕が一番怖い田中先生(FDM国際連合代表)が一番後ろの席で聴いているのでそれはまあまあのプレッシャーになります。

自分の担当の講義を終えて、岩田会長に「だいぶ流暢に抗議できてましたよ」とお褒めの言葉ももらえて良かったです。

あと、僕以外に島津先生も講義されました。島津先生は僕と同じく2004年の参加者で数少ない生き残りです。実はFDMというのは理論は完成していますが、それを実践で治療するにはかなりの苦労も多いのです。だからなかなかやり切る先生が少ないんです。

この島津先生の講義が素晴らしかったです。great!

FDM概念の大切さを情熱的に語る姿はマジでカッコいいとおもいましたね。この先生も凄いですからね。

2020年の大阪のFDM世界大会も楽しみになってきた感じです。

 

 

 

投稿者: 三浦整骨院

2019.01.11更新

ウチはスポーツのケガの治療でよく知られているようですが、実はスポーツ専門ではありません。高齢の患者様も治療も手掛けています。

その中で特に力を入れているのが膝の治療です。

周りにも膝を痛めて苦労しているとお年寄りは沢山いらっしゃると思います。そして多くの方々が整形外科や整骨院を受診されています。

膝の痛みで死んだりしないよと思うかもしれませんが、それ間違いです。

私は膝の痛みはガンより厄介だと思っています。

まず、膝が悪くなると動かなくなります。そうすると家の中から出なくなり運動不足を招きます。これは筋肉が減少し、高血圧なども悪化します。また、独りで部屋の中にいると良いことは考えられません。不安が増強するだけです。そのような事が負のスパイラルを招き心身共に状態が悪化して行きます。認知症なんかもこんな事で悪化するでないでしょうか?

だから、相当な危機感を持って治療に挑みます。

お年寄りだから優しくゆっくりなんて言っている場合ではありません。チンタラ、膝の水を抜いたりヒアロルン酸の注射など効率の悪いやり方は通用しません。 ましてや子供騙しのリハビリなんか意味ありません。

お年寄りだからこそ一気に治療を仕掛けなければなりません。

実際に2週間も膝が曲がらまい状態が続くとしゃがむことが全然できなくなります。たとえ、他動的に完全に膝が屈曲できても、まるでしゃがみ方を忘れたかのように見えるほどできなくなります。

そうなると生活レベルは悪化し介護の等級もドンドン上がり、できない事がドンドン増えて廃用性萎縮も進み確実に死に向かって行きます。

 

特にメンタルが非常に重要です。痛いのが何週間も続くと希望がなくなってしまいます。そこで医者から変形してるだの加齢変化で治らないだとか聞くとドンドン負の洗脳が強化されます。これらはその膝の問題に上手く対処出来ていない医者の言い訳なので耳を貸してはいけません。単に責任転嫁しているだけです。

一旦自信を失った人の負のスパイラルは一気に進むので、自身を失わないまでに治さなくてはなりません。

僕らの使命としては、まず痛みを即効的に解決又は明確に減少させ、治るんだと希望を持ってもらう事です。ファーストストライクが重要です。つまり先手必勝ということです。

僕の患者さんに対するメンタルへの対応はカウンセリングではありません。

このように即効の治療技術で安心させる事です。

一旦、自身を取り戻した方はポジティブです。多少の無理はOKです。例えばはしゃぎ過ぎて痛くなっても僕らが何とかします。正直、スポーツのケガを治すぐらいなんで、そんなの朝飯前です。

恐れないでドンドン遊んで下さい。外に出て沢山の人達と交わって下さい。

当然、その膝が若い時のようにバリバリ走ったりできませんが、楽しく旅行ぐらいに行けるぐらいには回復するはずです。

スポーツ外傷も大事ですが、実はこっちの方で治療でその人の人生に大きく貢献しているかもしれません。

スポーツと違って一見地味ですが、大事な事ほどそういう事なのかもしれません。

 

 

 

 

投稿者: 三浦整骨院

contact

こちらよりお問い合わせください

  • 待ち時間短縮! 当日でもご予約いただけます オンライン予約はこちら
  • contact_tel.jpg
  • 待ち時間短縮! 当日でもご予約いただけます オンライン予約はこちら
  • cd6c60a7ed59292f5334830da118865b96063ede.jpg
  • 三浦整骨院 北大阪急行電鉄南北線 桃山台駅から徒歩8分
  • MIURA BLOG