MIURA BLOG

  • sp_tel.jpg
  • WEB予約はこちら

2018.08.05更新

患者さんが一番知りたいのは この痛みが治るのかどうか  では無いでしょうか?

治療する私たちも一番気になります。わざわざ書くまでもないですが......

実は私は"完治です"と言うのがなかなか出来ません。

何故なら治療だけで完治というのはないからです。

私の施術では歪んだ筋膜やズレた骨を治すぐらいしか出来ません。

炎症を止めたり、組織の再生を促したりはできません。ましては筋肉を増やしたりもできません。

それらはその人自身での生理作用で起きます。

だから私の治療だけでは完治はしません。

これは治せないことへの逃げでないかと言われますが、逃げではありません。事実です。

だから、堂々と「〇〇療法で完治した!」と謳うのはおそらく嘘だと思います。

(こんなのネットでは大量にありますが....)

 

私の考えでは治療では30%ぐらいじゃないかと思います。これが人が人に出来る限界でないかと思います。

あとの70%は勝ってに治っていると思います。

ではこの内訳はどうでしょうか?

30%までの状態とは

痛みや損傷の為に明らかに異常で正常に動けない状態でないかと思います。

この状態こそ、私たちの技術が活躍出来る場所です。

おそらくケガや持続的な負担、スポーツ、仕事で使い過ぎで歪んだ筋や関節を一気に治します。

スピード勝負です。

これは素人にはできません。プロの仕事です。

だから患者さんが自分で何とか出来るものではありません。

自分で揉んだりストレッチは厳禁です。ホントに余計なことはしないで欲しい。

 

では30%以上とはどういうものか?

それは取りあえず動いても大丈夫。全く無痛ではないでしょうが、痛みで不安を感じない状態ではないかと思います。

よく使われる言葉で言うと「日にち薬」ですね。

日にち薬には治療は必要ありません。

スポーツも可能で、仕事も日常生活も同様です。

日常動作などの負担が傷の治癒を促し、次第に機能(動きなど)が回復して行きます。

完治というのは実は徐々に起きます。

例えば癌を手術で摘出しても完治ではありません。患者さんの体力が回復して正常な生活に戻れて完治かと思います。

手術は対症療法で完治までの一工程に過ぎません。

その他薬物療法も同様です。痛みや苦痛を薬物でコントロールしている間に回復を待つ戦術です。

薬物で治るのでなくて、治すのはあくまでその人の回復能力次第です。(またこれの詳しい話しは別の機会に)

つまりまとめると

0〜30%:プロの仕事

31%〜100%:日にち薬

なんか中途半端で終わりすいません。

疲れたのでまた、(^O^)/

 

 

投稿者: 三浦整骨院

contact

こちらよりお問い合わせください

  • 待ち時間短縮! 当日でもご予約いただけます オンライン予約はこちら
  • contact_tel.jpg
  • 待ち時間短縮! 当日でもご予約いただけます オンライン予約はこちら
  • cd6c60a7ed59292f5334830da118865b96063ede.jpg
  • 三浦整骨院 北大阪急行電鉄南北線 桃山台駅から徒歩8分
  • MIURA BLOG